忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/17 07:43 】 |
COACH(コーチ)の歴史
1941年、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻による家族経営の皮革工房としてニューヨーク・マンハッタンでコーチスタートしました。使用するほど手になじみ味が出る野球グローブを参考に、皮の美しさや丈夫さを活かした製品を考え、第一号のコーチ バッグが60年代初期に誕生しました。ひとつひとつ手作業で作られたそうです。1962年、前衛的なデザイナーとして有名なボニー・カシンを迎え入れました。ボニー・カシンは買い物袋から発案したカジュアルバッグ「カシン・キャリー」を発表しました。その後も「バゲット・バッグ」「ダッフル・サック」など、ヒット作を次々と世に送り出しました。現在のバッグにも採用されているクリップ式金具:「ドッグリーシュの金具」も彼女の発案だそうです。1988年、三越との提携により日本進出しました。1996年、トミー・ヒルフィガーでデザイン、マーケティング担当のリード・クラッコフを迎え、さらにファッション面を強化しました。1998年、「ネオ・コレクション」を発売しました。レザーに代わる新しい素材を開発し、体になじむことをコンセプトとしてデザインを進めていきました。同年9月からは、高級時計メーカー、モバード・グループとライセンス契約、「ウオッチ・コレクション」を発売しました。2001年8月、米コーチは住友商事と合弁して「コーチ・ジャパン」を設立しました。その後日本国内にも数々の店舗を出していきました。
PR
【2012/01/07 17:16 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<コーチはニューヨークマンハッタンの小さな工房からスタートした | ホーム | コーチのバッグ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>