忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/15 12:12 】 |
コーチ バッグ スクリブル
COACH バッグの中でも色が鮮やかなオシャレ感あふれるバッグのスクリブル。「scribble」とは「落書き」という意味でポップで明るい大きめ手書き風のシグネチャ柄を施したものをスクリブルといいます。スクリブル柄は従来のシグネチャーと違ってラフで明るい感じでいいですね。その中でもハンプトンズウィークエンドのマルチカラーのスクリブルが一番人気で、トート、ショルダーがおすすめです。その他にサッチェル型のスクリブルやホーボーのショルダーなどがあります。素材はキャンバスビニール、ジャガードキャンバス、サテンなど、革部分は、スエード、ヌメ革、カーフなどを使用しています。コーチ アウトレットのスクリブルは1番人気のショルダー、トートをはじめ、ハンドバッグ、ポーチと続いています。COACHのスクリブルは華やかなデザインでカジュアルファッションにもぴったりです。
PR
【2012/10/30 11:15 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
コーチファクトリーの魅力
・格安で手に入れることができる。店頭に並んでいるものと同等の機能・デザイン・素材の商品でも非常に求めやすい価格設定である。 ・希少性がある。アウトレットでしか手に入れるのが困難な製品もある。 ・店頭では手に入りづらい。基本的にはファミリーセールで販売しているため一般の方には手に入りづらい。 ・正真正銘のコーチの製品である。アウトレットとはいえ、コーチの工場で生産されたコーチが認める製品である。
【2012/10/24 19:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
 コーチアウトレットとは?
コーチの生産ラインにおいて製造工程上、余った生地や皮などの素材を用いてコーチファクトリーにて作られたコーチ製品。または過剰に生産した余剰在庫商品等。通常はコーチのファミリーセールなどでしか手に入らない。そのためアウトレットでしか生産してないデザイン、機能のものがあり希少性が高く、店頭では手に入れるのが困難な商品もある。※ファミリーセール ブランドが自社社員や関係者向けに開催する格安セールのこと。一般向けに開放することもあるが通常は特定の物しか参加することができない社内向けのセール。
【2012/10/17 16:25 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
コーチは、最初コーチという名前ではなかった
ニューヨークのマンハッタンのロフトで、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻とその友達が集まって始めた革工房は、1941年にスタートしました。その時はまだ、「コーチ」ではなく、ゲイル社となっていました。しかし、1961年に、ゲイル社から、「COACH」に社名を変更しました。COACHの意味は「馬車」で、いわば開拓時代のアメリカの象徴です。 野球のグローブの革に、使い込むほどに魅力がでてくるのをヒントに、革のハンドバッグを作ったのが最初でした。また、彼らが作る、皮革には化学薬品を一切使用せずに、天然皮革だけを使用していましたので、その耐久性にもすぐれていて、大変高品質のものが評判を呼びました。 そして、1962年、有名デザイナーのボニー・カシンが入社して、さまざまなデザインの商品が発案されてゆきます。買い物袋からヒントを得た「カシン・キャリー」、「バゲット・バッグ」、「ダッフル・サック」等、次々と話題の商品が世に送り出されて話題を呼びます。 そして、1976年から、ついに海外進出を果たし、1988年には、日本にもコーチが上陸して、一躍脚光を浴びるようになります。日本では、コーチは三越と提携。そして、横浜と日本橋にお店をオープンさせます。その後、アクセサリーや香水さまざまな商品が発表されて、ファッション界で不動の地位を築きます。
【2012/01/13 17:01 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
コーチはニューヨークマンハッタンの小さな工房からスタートした
どの有名ブランドの創始者でもそうですが、最初は皆どこにでもあるような小規模のアトリエからスタートしています。これは、コーチもその例外ではありません。1941年、コーチは、ニューヨークのマンハッタンにある、家族経営の小さなアトリエで、6人の腕のいい皮革職人によってスタートしました。 ひとつひとつ丁寧に真心こめて手作業で作り上げる革製品は、大変品質にすぐれていて、オリジナリティにも富んでいました。 まず、最初に誕生させたコーチのハンドバックは、使い込むほど味がでるという独特の質感をもっていました。それは、6人の皮革職人が野球のグローブに使われている革にある種のヒントを見出して、作り上げられたものでした。 そのハンドバッグは、時代を感じさせず、使うほどにさらに魅力がでてくるような、そして、質感が増すような、そんなハンドバッグだったようです。コーチは、今や世界でも有数のブランドのひとつで、日本でも大変人気です。 コーチが今ほどの規模に成長するまでに、さまざまな道のりがありましたが、コーチの始まりは、こんな小さな規模から、ほとんどの人に知られることなく、ひっそりと、しかし、職人のプライドを持って、創り上げたハンドバッグから始まったのです。 今やベルトや財布等、もっと幅広くてがけています。
【2012/01/13 16:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>