忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/15 11:01 】 |
コーチはニューヨークマンハッタンの小さな工房からスタートした
どの有名ブランドの創始者でもそうですが、最初は皆どこにでもあるような小規模のアトリエからスタートしています。これは、コーチもその例外ではありません。1941年、コーチは、ニューヨークのマンハッタンにある、家族経営の小さなアトリエで、6人の腕のいい皮革職人によってスタートしました。 ひとつひとつ丁寧に真心こめて手作業で作り上げる革製品は、大変品質にすぐれていて、オリジナリティにも富んでいました。 まず、最初に誕生させたコーチのハンドバックは、使い込むほど味がでるという独特の質感をもっていました。それは、6人の皮革職人が野球のグローブに使われている革にある種のヒントを見出して、作り上げられたものでした。 そのハンドバッグは、時代を感じさせず、使うほどにさらに魅力がでてくるような、そして、質感が増すような、そんなハンドバッグだったようです。コーチは、今や世界でも有数のブランドのひとつで、日本でも大変人気です。 コーチが今ほどの規模に成長するまでに、さまざまな道のりがありましたが、コーチの始まりは、こんな小さな規模から、ほとんどの人に知られることなく、ひっそりと、しかし、職人のプライドを持って、創り上げたハンドバッグから始まったのです。 今やベルトや財布等、もっと幅広くてがけています。
PR
【2012/01/13 16:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<コーチは、最初コーチという名前ではなかった | ホーム | COACH(コーチ)の歴史 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>