忍者ブログ
  • 2018.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2019.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/12/15 12:24 】 |
コーチは、最初コーチという名前ではなかった
ニューヨークのマンハッタンのロフトで、マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻とその友達が集まって始めた革工房は、1941年にスタートしました。その時はまだ、「コーチ」ではなく、ゲイル社となっていました。しかし、1961年に、ゲイル社から、「COACH」に社名を変更しました。COACHの意味は「馬車」で、いわば開拓時代のアメリカの象徴です。 野球のグローブの革に、使い込むほどに魅力がでてくるのをヒントに、革のハンドバッグを作ったのが最初でした。また、彼らが作る、皮革には化学薬品を一切使用せずに、天然皮革だけを使用していましたので、その耐久性にもすぐれていて、大変高品質のものが評判を呼びました。 そして、1962年、有名デザイナーのボニー・カシンが入社して、さまざまなデザインの商品が発案されてゆきます。買い物袋からヒントを得た「カシン・キャリー」、「バゲット・バッグ」、「ダッフル・サック」等、次々と話題の商品が世に送り出されて話題を呼びます。 そして、1976年から、ついに海外進出を果たし、1988年には、日本にもコーチが上陸して、一躍脚光を浴びるようになります。日本では、コーチは三越と提携。そして、横浜と日本橋にお店をオープンさせます。その後、アクセサリーや香水さまざまな商品が発表されて、ファッション界で不動の地位を築きます。
PR
【2012/01/13 17:01 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<< コーチアウトレットとは? | ホーム | コーチはニューヨークマンハッタンの小さな工房からスタートした>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>