忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/17 07:11 】 |
コーチの年表
コーチ(COACH)は、1998年に「ネオ・コレクション」を発売。 高品質レザーに代わるバッグの新素材を開発し、実用的で体になじむことを目的にデザインされたコーチ バッグが誕生しました。 同年9月からは、スイスの高級時計メーカー、「モバード・グループ」とライセンス契約し、「ウオッチ・コレクション」を発売します。 スイス製の高性能ムーブメントと、同ブランドならではの付け心地の良い革ストラップやスタイリッシュなケース、ブレスレットが特徴です。 コーチは、2001年から目覚しい活動をします。 ロゴ模様をあしらった、シグネチャー・コレクションをスタートすると、8月に米コーチは、住友商事と合弁でコーチ・ジャパンを設立します。 結果、コーチは、2001年、CFDA(アメリカ・ファッションデザイナー評議会)のアクセサリー部門で最優秀賞を受賞し、三越子会社から各店舗を引き受け、翌年2002年3月の時点でコーチは79店舗を展開します。 更に5月には旗艦店である銀座店を開店すると、日本未入荷アイテムなどを売り出して日本最大のブランドショップとしてオープンしました。  COACHは、2003年4月4日に関西初の路面店を心斎橋にオープンしました。 コーチの勢いは止まらず、同年4月16日に第2旗艦店であるコーチ渋谷店を、更に4月25日にはコーチ六本木ヒルズ店がオープンしました。
PR
【2011/12/31 16:56 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
コーチバッグの年表
コーチ(COACH)は、1962年にバッグのデザイナーとして、映画「王様と私」の衣装などをデザインしたボニー・カシンを迎え入れます。 1988年に、三越との提携によりコーチ(COACH)の日本進出を果たし、同年9月にコーチ(COACH)横浜三越、コーチ(COACH)日本橋三越店をオープンします。 8年後の1996年になると、「トミー・ヒルフィガー」でデザインやマーケティングを担当していたリード・クラッコフ(現社長兼エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)を迎え、コーチ バッグに実用性のみならず、ファッション性や性能面を強化しました。  
【2011/12/29 22:20 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
コーチ シグネチャー
コーチ シグネチャー コーチ バッグのシグネスチャーとは、2000年に世界的なバッグデザイナーである、リード・クラッコフ氏により生み出されたバッグのラインです。 シグネチャーラインは、コーチのブランドを沢山の人に知ってもらうために開発し、誕生しデザインで、魅力的なデザインがお洒落です。
【2011/12/29 22:18 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
コーチとは
コーチは「アメリカンブランド」ですが、生産はアメリカ国外、世界各地で行っております。最近では中国に生産工場を設立しインド、シンガポール、インドネシア、タイなどさまざまな国で製造されております。そのなかでとくに人気の高いシグネチャーラインに関しましては、大半の商品が中国で製造されておりMade in China などの刻印がされております。これらの商品は日本国内および世界中のコーチ直営店で販売されております。現在、コーチの主な製造国は中国になりますのでご理解の程お願いいたします。
【2011/12/23 17:52 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
コーチ(COACH)の財布
アメリカの人気ブランドコーチ 財布は、品質と信頼性において、世界のトップクラスに位置しています。コーチを代表する定番ライン「シグネチャー・コレクション」以外にも多数のラインナップが用意されています。 シグネチャーラインは、同社のブランドロゴを使用したカラフルなデザインのものが多く、キャンバスとレザーなどの異素材を組み合わせることによりスタイリッシュさをアピールしています。このようにミスマッチを組み合わせる手法は、同社のデザインの魅力の一つでもあるといえるでしょう。 シグネチャー以外のラインには、色や模様がほとんど使用されず至ってシンプルなデザインのものが多いようです。しかしながら、本来、こちらのタイプが、昔から作られてきた同社のデザインであるため、根強いファンも多く残っています。 どのラインも、二つ折り、三つ折り、長財布、がま口、小銭入れなどの種類が豊富に取り揃えられている。中でも、長財布は、小銭入れも大きく、カード類もたくさん収納でき、使いやすさのための工夫が随所に施されています。 コーチ 財布素材には、主にカーフが使用されていて、肌触りがよく、耐久性にも優れ、使い込むほどに味が出て、長年愛用できる逸品ぞろいといえるでしょう。
【2011/12/23 17:51 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>